會社情報

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計畫

社員一人ひとりが仕事と家庭生活を両立させ、ワーク?ライフ?バランスを実現させることにより、その能力を十分に発揮できる職場環境の整備を行なうとともに、次世代育成支援について社會貢獻できる企業を目指し、次のように行動計畫を策定する。

計畫期間

2018年4月1日から2021年3月31日までの3年間

目標および行動計畫の內容

目標1

職員の所定外労働時間を削減し、実労働時間の短縮を図る。

対策1

全社的活動として、職員一人ひとりが業務の棚卸しを行い、無駄を省くなどの創意工夫により業務効率を上げる。また、所定外労働時間が多い部署を対象にヒアリング等を実施し、さらなる職場環境の改善を図る。なお、社內広報等を活用した周知?啓発、管理職の意識向上を図るなどの措置を講じる。

目標2

職員の年次有給休暇の取得を促進する。

対策2

年次有給休暇の取得促進にかかる職場環境の整備を行う。また、年次有給休暇の計畫的付與制度導入の検討など、年次有給休暇の取得を促進する。なお、社內広報誌などでキャンペーンを行い、社員への周知?啓発を継続的に実施し、取得しやすい雰囲気づくりを醸成する。特にアニバーサリー(子供の出生時、誕生日、參観日等)休暇の取得を奨勵する。

文字サイズ:小 文字サイズ:中 文字サイズ:大 亚洲精品av一区二区三区四区